【五黄土星】高島易による2019年1月の運勢

f:id:yonitipowerspot:20181205214817p:plain

1 2019年五黄土星は二黒土星の宮にはいっている。育営運・・七年の病に三年の艾(もぐさ)を求む。進展に向かう為の知識を豊富にする年。二黒とは土星の比和関係になる。急激に運気が好転すると言うより、土台を作り上げる時です。自分の主張を押し通すより内面の育成に努める事で更なる成長が期待できます。

 

家族と過ごす時間は「量より質」を意識すれば、無理をせず計画できます。ボランティア活動や修行体験などへの参加は吉。今後の人生に必要なものが見つかり、自分の軸が定まり心穏やかに過ごせる。 仕事は人が嫌がる事を積極的に行うことで目上、周囲のひとからの評価が変わる。

 

「時は金なり」で時には節約も。皮膚病や肝臓病に注意。 「三土」の方位となるので(五黄・八白・二黒の線上にある)要注意。

 

2 2019年1月は月盤により、七赤金星の宮にいる。七赤は悦楽・飲食・休息・長すぎた縁に終わりが来るなどの意を持つ。ミスや錯覚が生じやすい衰運月。家族や友人と楽しい時間を過ごしたり豪華な食事で賑わったり幸先の良いスタートとなる。社交的な面を出せば金運も上がり臨時収入も期待できる。暴飲暴食には十分気をつけて。(七赤の気を取り過ぎない様に)。

 

3 吉日・・・6日 8日 15日 17日 24日   注意する日・・・2日 4日 11日 13日 20日 22日 28日 29日 31日 。

 

4 オレは五黄生まれ。弱い面はほとんど体験済み、良くても悪くても五黄はやっぱり五黄。子ども時代は・なんか変な子、親の言う事には忠実、孤独を好む傾向、親に怒られるとすぐ死ぬことを考え 感情的に走りまくる、体が弱く痩せていて病気になると重症になる、小4年の時、新任の先生をいじめていた。どんなふうにしたのか覚えていないが、転勤後、後悔の念が沸き起こり、手紙を書いて謝罪をした。

 

中学期3年間、担任の先生に反抗し続けた。これにはオレなりの理由がある。今でいうなら、セクハラである。理由不明だがちょっとした時体に触れるからだ。だから授業中「わかる人」との教師の声に生徒の手は上がらない。するとオレの名前が呼ばれる、スッと立って「わかりません」と言う。只、テストでは負けず嫌いを活用して点取り屋に変身。

 

高校期では、オレはおとなしかったが先生たちにとっては、面倒な学年だったようで、「(古典のTには)こんにゃくの角に頭ぶっつけて死んでしまえ」と怒鳴られていた。高3の時、私立大の受験が始まろうとしていた前、生徒会を中心に「坊主頭の廃止」を訴え、集会を続けた結果、先生たちはとうとう諦めた。長髪を認めさせた。

 

大学受験本番、学友たちはこの学校始まって以来と言われるほど、国立大学(地理的に東北大、岩手大、弘大、看護科など)の合格者が続出した年のあまのじゃくっ子であった。

 

5 「唱歌」と言う言葉さえ死語になってしまったような今日。「唱歌  一月一日」

 「 上 真行(うえ さねみち)1851年~1937年。雅楽演奏者 ヴァイオリン名手。 作曲 」  「 千家 尊福(せんげ たかとみ)1845年~1918年。出雲大社第64代宮司。作詞」   一、 年の始めの 例(ためし)とて 終わりなき世の めでたさを 松竹たてて 門ごとに 祝(いお)う今日こそ 楽しけれ 。  二、 初日のひかり さし出でて 四方(よも)に輝く 今朝の空 君がみかげに 比(たぐ)えつつ 仰ぎ見るこそ 尊とけれ。  」。いつ頃から歌われなくなったか記憶に無いのですが、実はこの歌は? 1945年は広島 長崎に原爆投下。ポツダム宣言の受諾(無条件降伏)。民主的諸改革の開始。

 

6 この歌は戦前に作られた。作曲者・作詞家は公人、象徴としての天皇ではなく、天皇を国の最高位とした時代、「君」とは天皇に対して、日本国民の賛辞を歌った曲で、オレの母もしくは祖父母の時代、一月一日には尋常小学校に集まり、式に参列し、みんまでこの歌を斉唱し、落雁のお菓子をもらって帰宅した。今でも口伝えでメロディだけが残っているようだ。「唱歌」には私達の国の 花鳥風月を通して四季や自然の美しさを詠いこんでいるので、「お正月・さくら・春の小川・花・村祭り・七つの子・赤い靴・背比べ・夕焼け小焼け・うれしいひな祭り・鯉のぼり・グットバイなど」。

 

つづきます。 

【四緑木星】高島易による2019年1月による運勢

f:id:yonitipowerspot:20181205214817p:plain

1 2019年の四緑木星は一白水星の宮にいる。全体として・本年は低迷運・・つまずくと迷路から抜け出せない事になる。木星と水星は「水生木」の相生関係にあります。ただし、低迷運の為苦労や悩みが出て解決の糸口が見えず、苦しい立場にあるかもしれない。一白は水・流れる・流転・低いところに流れる・一途な性格・情にもろい・収入はあるがいつのまにか流れ出る・目標を一つに絞って励むと成功。

 

と言う意がある。四緑はこの宮の意を知りて、一つの目標に向かって学ぶ。ひたすらに耐えながら学ぶ。次期には大いに活かされる。「石橋をたたいて渡る」慎重さも大事。人との交流を楽しみながら 人の話を良く聞く事で、周囲に好印象を与え人間関係も向上する。「困難期」であることを決して忘れない事。飲食会ではしゃべり過ぎ、飲み過ぎ、女性との関わり方には注意。

 

2 1月は上のように六白金星の宮に入っている。中吉運で・予定事は全て順調に運ぶ月。2019年を左右する大切な月です。これからの目標を掲げて切磋琢磨し自分の能力アップを図って吉。固定観念にとらわれず見る角度を少し変える柔軟性が大切です。行きず待っていた問題も周囲の協力が加わり解決される。なにごとも「謙虚」にし感謝の心で大きく成長できる。

 

3 吉日・・・5日 14日 16日 23日   注意する日・・・1日 3日 10日 12日 19日 21日 28日 30日 。

 

4 40代の頃に出会った占者の言葉を思い出した。・人は握りこぶしの中に納まる幸福を持って生まれてくる・と。今のオレの中でもその通りだと感じている。しかしもしこの通りだとするなら、試練やミスをどのように受け止めるか?

 

アドラーはとても大切なことをいとも簡単な言葉を残しています。「原因論に立たないアドラー心理学の立場では、何かの出来事があって、それを体験するするという事が問題を起こすとは考えません。むしろそれまで隠れていたライフスタイルが、何かの体験、たとえば、学校に入ることによって明らかになると言う風に考えるのです。 思春期について、思春期が子どもを変えるのではなく、思春期は過去に形成された性格を明らかにする「新しい状況」である、とアドラーは言っています。」『アドラー心理学・・岸見一郎著 』。

 

5 Aが自分にとって善であると知っていても、Aの実行をせず、Bの行動をとる。これはなぜか?Aは善、Bは悪という通念がある時、自分にとってBを選んだという事は、Bが自分にとり、善だとした。知っていたにも関わらずこのような事態を指してしまった。これは「自己課題」であることを「回避」した。〇〇する気はなかったなどの葛藤は現実には無いということです。どんなに瞬時の選択であっても。

 

6 ここまで記して、フト思った。九星学の仕組みに気づき活用している方がいらしたなら、深く感謝します。お蔭様です。

 

つづきます。

【三碧木星】高島易による2019年1月の運勢

月盤

f:id:yonitipowerspot:20181205214817p:plain

1 年盤は南の九紫火星の方位にある。光華運・・明るい兆しが見えて輝くチャンスのある年。天の時は地の利に如(し)かず。三碧と九紫は「木生火」の相性関係になる。今までの努力が認められ、隠れていた才能が開花する。独創的なアイデアが生まれて周囲から注目を浴びるようになる。そして目標達成できる。仕事では信頼できる人と協力関係を深めると会社にも 貢献できる。三碧は「雷・若芽・青春・浪費家・短気・口の災い」などの意がある。財布の紐は家族に託された方が無難。 規則正しい生活を。眼精疲労・頭痛・肩こりを引き起こさない様に、トラブルが生じた時は早めの受診を。

 

2 1月の運勢・・・三碧は中宮にいる。何事にも慎重を要する渋滞の月。自分の都合通りには物事が進まない時。他人任せにせず、目標に向けて段取りを素早く取り、ぶれない軸をしっかり以って周囲に振りまわされない事です。短気を起こさなければ、上手くいきます。気持ちを新たに再出発すると考えて。

 

3 吉日・・・4日 13日 22日   注意する日・・・2日 9日 17日 18日 20日 27日 29日 。

 

4 中宮に入った星は「静観」の時。予定通り事が運んだ時はその理由を、予定通りいかなかった時はその理由を内省するの時である。更に上を目指すには、どのような理由であっても次なる変化に向かって一歩を踏み出した方が良い。人は努力して身に着けてきたことでも、3か月何もしなければ、体は忘れてしまう脳をもつ生き物だからである

自分で選択した結果に過ぎない。年齢によるが、自転車に乗る・泳ぐなど早ければ早いほど、体が取得しているもの。知人であるが、自転車の練習を始めたのは40代初めであったが取得には至らなかった。オレも泳ぐことができず、20代後半にスイミングに通ったが、ようやく浮く事ができる程度であった。

 

どの宮に入ったしても同じことが言える。人の話を聞く、知者に尋ねる、目のまえの事を着実にこなす、独断を制するなど、「内省」は必然の自己課題に過ぎない。6か月の幼児が寝返りができない時、大人は援助してあげたほうが好ましい。こうしたこととよく似ている。1歳6か月を過ぎても歩行の兆しが全く見られない時は、一応専門家に相談した方が良い。親として知っておくべきことの一つです。

 

星が変化しながら巡ると同じ概念と、考えます。

 

近い将来の皇后に即位なさる「雅子さま」が誕生日を迎えられ、現皇后のもとへご挨拶に向かうというニュースをみた。「天皇制度」とはわれら凡人には解からない事が多すぎるが、オレとしては笑顔の妃は安心して受け止められる。「象徴」として報じられているから。中宮の宮は己が命を授けられたときだから。9年に一度母なる宮に入り、浄化する時だと識っているからでしょう。

 

つづきます。

【二黒土星】高島易による2019年の1月の運勢

         月盤

     

f:id:yonitipowerspot:20181205214817p:plain



1 二黒土星の年盤・・・東北の方位にあり、八白土星の宮にいる。八白と二黒は比和関係にある。だだし、五黄の向かいにあるため「暗剣殺」が同座しているので、周囲に振り回されて思うように物事が進まない暗示がある。 自分の過失を認めず、責任逃れをなすりつけてくるような人に迷惑をかけられることもある。簡単な事でも頼まれない様に、慎重な姿勢が求められます。 新たな変化を求めるような大きな勝負には出ない事。仕事は内容を細かく分けて計画をたて、行動をすること。金銭では儲け話には乗らない事。

 

 

2 1月の運勢・・・二黒は東南の四緑木星の宮に入っている。平素の努力で無事安全な月。気持ちをを切り替えて人間関係を構築する機会が訪れている。気になる相手がいたら、勇気を出して笑顔で話しかけてみよう。答えが出ない時は時間を無駄にせず、今できる事に集中すれば明るい兆しが見えてくる。一日の疲れを持ち越さない様に、睡眠時間はしっかりとるようにすること。

 

3 吉日・・・3日 5日 12日 21日 23日 30日   注意する日・・・1日 8日 10日 16日 17日 19日 26日 28日 。

 

4 注意するとはどんなこと?と感じている方もいるかもと知れないとフト思ったので、自分の感じ方ですが記します。① 動かなければならない時、どうしても気が進まない。心身のどこかで負の直感がある等 ② 明らかに動けない意味がある ③ 1月の二黒は四緑の宮にいる。この宮に入った時は、迷いやすい という弱い面がある。他力本願の気持ちを持つ、決断力不足に面ある二黒は左右される。(その訳は幼い頃より複雑な家庭に育つケースがあると言う意でもある。)

 

全てが花丸の家庭、育ち、本人の努力に寄り成功する人は存在しない、生まれていないと、自説であるが考えています。オレは「他力本願」は素晴らしい事だと思う。人は一人では生きていけないから。人間に限ったことではないが、ただ、バランスが取れているのかどうかというだけ。自分の精進無くしては、たんなる過依存、他力の本質を崩す。簡単に言うなら「自力本願」と「他力本願」の供応。

 

この世で生きとし生きていることは共生、受容、発展、創意、が互いに築いていける事が理想ではあるが、自分を見ても程遠い。そこで先人たちが示し、繋ぎ続けてきた知識、知恵を『易経』を啓示し続けていると、考える縁を頂いたので、これからも少しずつ学んでいくと誓願をたてた理由です。

 

5 「八木 重吉の詩」 母 の 瞳

            ゆふぐれ

            瞳をひらけば

            ふるさとの母うへのまた

            とほくみひとみをひらきたまひて

            かあゆきものよといひたまふここちするなり

 

            母

            お母さま

            わたしは 時とすると

            お母さまがたいへん小さいひとのようにおもへてきて

            このてのひらのうへへいただいて

 

つづきます。

 

 

【一白水星】高島易による2019年1月の運勢

1月の月盤

 

f:id:yonitipowerspot:20181204213507p:plain

1 一白の年盤は西方位です。2019年は 人は流水の観が見るなくして、止水にかんがみる。七赤の宮にいる。物質的に恵まれるが消費に注意すべきとき。七赤と一白は「金生水」の相性関係にある。喜びを得て楽しい出来事が多い年。人との出会いを大切にすると人脈を築ける。笑顔を忘れずに好意的な態度で、節度の有る付き合いををすれば多くの人脈を築ける。  仕事では目的意識を持つと共に意志の疎通を図ることで連帯感が生まれて良い関係ができる。高額の買い物は、家族や知人に相談して吉。

 

2 1月の運勢・・・一白は東の三碧の方位にある。何事にも積極的に取り組む月。三碧は若木の意なので、新たな目標を見つけ心機一転、頑張る時です。他人の目を気にし過ぎると自分を見失うことになります。気を引き締めて取り組みましょう。親戚や知人が集まる場では軽はずみな言動を慎み、相手の立場を考えて発言すること。何事も正しい判断と誠実さを以ってすれば、充実した人間関係が築けます

 

3 吉日・・・2日4日 11日 22日 29日 31日  注意する日・・・7日 9日 16日 18日 25日 27日 。

 

4 日本に住んでいる私たちは「水」に対して当たり前の観があると考えられます。生物には必然の存在です。オレの学童期には井戸水であった。台所には大きな水がめがあって、柄杓でその都度汲み使用していた。畑の耕作で行ったときは、昼、こんびり(おやつのこと)に飲む水くみはオレの係で、近くの「湧き水」へ。とても澄んでいて、冷たく、こんこんと喉越しの良さそうな音色が聴こえ、もしなにかの弾みで落ちたとしたら、別の世界にタイムスリップする。そんな不思議さがあった。ジブリの「もののけ姫」で具現する森、木霊たちが守っている池?に繋がっているような、湧き水であった。  オレはその辺の木の実や草花と仲が良かったので鮮明に覚えている。

 

5 視点を変えて。・・『茶の湯』と言いますと、豊かな水が注がれているこの国で発展し完成した茶道は水を語らずしてはないこと。茶の湯に関しては除くが、面白いエピソードがある。・・・「繊細な感受性と言うものは、繊細な食物嗜好にも密接に繋がっているのである。一見、大変無骨者と思われている「石田三成」が、秀吉に対して三度にわたり、次第に温度をあげた茶をすすめた奇知をかわれたのだと言われているが、この事実を逆に考えると、千利休の洗練された精神には及びもつかないが、尾張の成り上がりものである秀吉にも、これだけの感覚は備わっていたのである。」『茶道の心理学より』

 

信長・秀吉の時代「茶の湯」は利休存命の時期でもあったので、秀吉が(藤吉の時)最初に手柄を立てた時、信長から褒美として賜ったのは「棗(茶そのものを入れる容器)」であったと本で読んだ。

 

予断の余談ですが、三成の息子が逃げ逃れた処は青森県弘前市(この時代としては蝦夷の果てだったはず)(今では桜の名所として名が知られている)。テレビで見たのですが、直系の子孫が今でも生活を営んでいるという内容だった。

 

6 水の性質は、今生きているひとの人生の流れそのものであると感じています。「若水」というみずは朝4時頃に汲み取った水の事で、朝の茶・昼の茶・夜の茶に使うのだといいます。

 

       使わざる大煙突に 冬来る   オレの師匠

         手つかずの湯と静寂の 冬日和  オレは魔女

 

つづきます

 

 

 

 

【九紫火星】高島易による2019年1月の運勢

f:id:yonitipowerspot:20181204213522p:plain

1 2019年の九紫は、六白金星の宮に入っている。飛躍の年である。努力が報われ活躍・進歩を遂げる時。しかし、定位である六白とは「火剋金」の相剋関係にあるため、頂上を目指して進むには着実な戦法が必要で、気を緩めると思わぬ障害にぶつかる。後先考えない強気な言動は敵をつくる羽目になるが、謙虚な気持ちや態度で臨めば、協力者も現れる。但し、気持ちが大きくなって自己中心で物事を進めると、批難をあびる

 

人の意見をヨクヨク聞くことを念頭におき、事(仕事・人間関係)に当たれば、自分の火の力と・六白の父性的な力によって飛躍の年となる。いずれにせよ、謙虚さ、学び、真摯な態度で人として正しい道を歩むことです。戌年の人は短気なので十分自分磨きをして吉。年齢によって課題は異なるが、基本的なことは変わりません。

 

2 1月の運勢・・・予定事は順調に運ぶ中吉運。食べ過ぎ飲みすぎに注意して健康的な食生活を心掛ける事。油断すると仕事や家族にまで迷惑をかける事になる。正月気分が抜けず怠け癖がつく前に、毎日の目標をたて、意欲を以って取り組むことが大切。やるべきことに専念すれば努力が報われことになる。

 

3 吉日・・・1日 3日 10日 12日 21日 28日 30日  注意する日・・・5日 6日 8日 15日 17日 18日 24日 26日 。

 

4 2019年は風邪・心臓の健康に要注意の年なので、早めの受診を心掛けること。九紫は目・視力・血圧・心臓・不眠症・逆上の象意をもっているので、日々の生活に於いて自分の観察・認識、自己実現を常に意識していくことが、人生の柱となる。一人一人の個性により、変化し・成長していくのは至極当たり前のことである。

 

持って生まれたと言うがこれは、先祖・両親・生まれた場所、大きな意味での環境によると言う意である。育つ環境(育ちに深く関わる人の影響は大きいと考える。)は幼ければ幼いほど、後々の人格形成に深く関わることです。厳しい祖母に育てられた子の場合、(母親は仕事をしている)特に主導権が祖母にあり、父親が其のことに対して恩を感じている場合は、更に複雑になる可能性もある。「三つ子の魂百まで」は単なる諺ではないと実感したオレである。

 

発達の始まりは、眠る事・お乳を飲むこと・抱っこや喃語を良く聞いて受け止めてもらう事は絶対条件だと考えます。この時期を「口唇期」と言う。自分の指をしゃぶるのも大人が思う以上に早く見られる。この行為を拒絶してしまうと、後に「自己肯定」を難しくしてしまう。そして次にやってくる「トイレットトレーニング」(排泄の自立)の独り立ちまでの関わり方も大きな影響をもたらす。

 

気質の例として、「精神分析学では、極度の潔癖・時間厳守は幼児期に大人からこの面で非常に厳しく用便マナーを躾けられたからだと考えられており、生真面目で礼儀正しく、極端にきれい好きで、物の収集や蓄積に熱中する人を「肛門性格」という。・・『茶道の心理学より』」

 

子どもにとって排便は、とても大事な儀式なのです。体に溜めこんだものを(心理的には子宮に戻るために)排する行為なのです。胎児期に最初に造られる臓器は「大腸」といわれる由縁です。

 

こうした多様の「縁」の元に 生まれたもの、一つの星のもと「九紫火星」はこうして生きているのです。

 

さざんかのはながとても愛らしく咲いている。オレは「さざんかと椿」は双子と感じている。

 

つづきます。



 

【八白土星】高島易による2019年1月の運勢

f:id:yonitipowerspot:20181205214817p:plain

 

1 八白は一白水星の宮に入っている。一白は水。流転の星、勉学の月。八白は山、変化、継承、七転び八起きの運の意。一年の計は元旦にあり。一月の学びは大切。

 

2 1月の運勢・・・何事にも慎重を要する渋滞の月。風邪をこじらせ寝正月にならないように、栄養バランスや休息、外出時のマスクをつける事忘れない様に。運気は下降気味なので心機一転を図るには、やみくもに走らず専門家や信頼できる人のアドバイスを聞いて行動する事。不自然に安い商品には注意し、品質を優先すること。

 

3 吉日・・・9日 11日 18日 20日 27日 29日   注意する日・・・5日 7日 13日 14日 16日 22日 23日 25日 31日 。

 

4 月の「月盤」は2018年の12月の流れに添い、中宮は「三碧木星」になる。12月は四緑木星であったことにもとずいての事。「日盤」も流れに添って宮が決まります。時間は、十二支により刻々と針が進む。一人一人、生まれた年、月、日、時間がその人のスタートの瞬間になる。この考え方は新暦によるが、旧暦では胎児の時間が加算されるので、生まれたという事は「1歳」を数える理由です。

 

生理学や脳の発達を想像すると、旧暦の方が合っているようにも考える。胎児の成長を理解できる時代でもあるでもあるが、現実は日本だけの事情に非ずとおもうと、止もう得ないことと切り替えればよいだけの事。どの国にも元号というものがある。2019年は八白との共時性によって「元号」が変わる。暦では世界共通の西暦で表すので、これはこれで、便利なものだと感ずることもある。

 

5 2019年は新天皇陛下がご即位なさる。オレが小さい頃には仏間に御一家の写真が飾ってあり、毎日手を合わせていた。オレには1歳で他界した姉がいるので、仏壇に手を合わせ、神棚に礼をし、父がごはんを下げて朝食という毎日、その前に、兄弟に割り当てられているお手伝いを終えてからご飯を頂いていた。そして学校へ・・・。

 

夕方も同じ、各自手伝いをしないとご飯にありつけない。オレはお米を研ぎかまどで炊く。弟は小屋から薪を運んでくる係。遊びに夢中になっていたり、だだをこねたりしても、姉の力で言う事を聞かせる、家族みんな、ご飯なしだぞと脅すと いう事を聞いて、しぶしぶながら役目を果たす。オレの家は分家だったので(父は次男坊という立場)役割分担があった。両親は本家(父の実家)の分、自分の分の畑や田んぼを耕作していた。

 

父の実家には、男手がなくおばたちだけであった。終戦直後という時代だったのだ。農地改革の為 田畑は少なくなったが、両親は労に励んでいたようだ。

 

オレの一族に「新天皇」のお生まれと同じ男子がいる。気さくに振舞い、情に厚く、努力家で、仕事も家の田畑も耕作し、親を送り、子を育て、妻を慈しみて人生を歩んでいる。一族の中では模範とし、みんながあやかろうとしている。

 

つづきます。