【親子ストレス】を通して思う事

人はやがて思春期を経て、青春期にとうたつする。身体的には大人になっていく。男性は依存していた「母」から精神的にも自立を迫られる。そのうちの一つは体の変化、身体は性的に信号を送ってくる。「性的成熟」の準備をする。日本の父親は息子に対して「心得」を気兼ねなく、緊張せず話す機会を意識しているのかな。

 

保育園でのこと。1歳半すぎ 2歳になっていく男児たちに時々見られること、おむつ交換の時、おちんちんの尿道口あたりが赤くなっていて、痛そうなのである。なかには化膿を引き起こしてしまい、たぶん「いたい!」のだろう。お母さんに様子を聞くと「知らなかった、気づかなかった!」という。最近きになったお子さんのママに聞いたところ、パパに教えてもらったので、おふろで清潔にしていますと。

 

女性は月経は始まることで、母親が準備してくれていたり、子からの報告に寄り、赤飯を炊いたりする家庭があるし、母との付き合いも変化していくような記憶がある。

 

今の時代になっても、社会の閉塞感がつよく、途中で挫折をすると、仕事をする、仲間上司との付き合いにうまく適応できず、本人も自己統制に葛藤の日々を送っていくうちに、仕事はやめた、・・引きこもざるをえなくなってしまった。貯め込んだ抑圧は家庭のなかで、発散しエスカレートすると暴力に繋がってしまう。あるいは自ら命を絶つことにもなっている。

 

自立への自分探しをやり直そうとする人と、歩みだせない人がいる。人間は生まれて間もなく、歩き始める事はできない、動物界では、未熟児として生まれ、家族や地域のなかで、育てられていく生き物。そこで何か、子どもの成長に負荷がかかると、苦悩する。だから子どもは「かすがい、たから」なのです。昔の言葉ではありません。

 

苦手な事を練習してもなかなか上達に繋がらない、反面、得意かなと自分で感じていること、憧れていることがあるなら、、矛先をかえてみるしかない。「好きこそものの上手」というではありませんか。怒って 我が子(我がクラスの子)を泣かせて、いい気分になる人がいますか?

 

保育園と言う「場」はある意味閉鎖的である。「いつでも誰でも、中へどうぞ!」という保育園、幼稚園があることを知ってほしい。オレはそういう職場に席を置けたことへ、お陰さまですというメッセージをおくっている。

 

2歳11か月男児。「かこ先生!だいすき」と、とびかっかてくる。たまに、鼻水をこすりつける。でもとにかく「かわいい!」

 

      赤んぼが わらふ

      あかんぼが わらふ

      わたしだって わらふ

      あかんぼがわらふ          八木 重吉

 

つづきます。

むかし むかし

20代後半の時、オレは 離人症という心の病になり、浅い現実の川を流れていた。体を横たえても、深い傷をおい、息も絶え絶えになっているという事に気づくことはなかった。「こころ」と言う存在に気づいていない時代だった。

オレは初めての「師」に出会った。「ねばならないということは、ないのだよ。」と國分康孝先生の言葉に、魂を浄化して頂いた。オレは今でも、この言霊を軸に据えていきている。先生は車いすに身を置き、奥様の手に全霊をお預けして、講演活動をこなしておられると、人伝えにお聞きした。

 

傷は深く肉の内に隠れている。死の馬が目の前を、通り過ぎていくが、瞬に消えてしまう。地獄の窯は一度だけ大口を開けるでしょう。

 

つづきます。

【親子ストレス   汐見 稔幸】をとうして思う事

港町八戸の夏、まず「三嶋神社」。大漁や海上安全のかみさまとして、白銀地区の守りかみとして古くから親しまれている。七夕伝説に縁のある宗像三女神がご祭神にちなんで、7月6日に宵宮、7日に本祭と言う流れである。子ども達にとっても楽しみな、露天が並ぶ。祭りの色や駄菓子の甘い香りは、幼い記憶を運んでくる。屋台の金魚を手にできると、飛び上がるほど嬉しかったことを思い出す。

 

神明神宮祭りの日には、鶏肉を食べてはいけないと、ご近所のおばあさんから聞いたことがある。そして、八戸三社夏祭りが幕をあける。父はオレ達兄弟に、祭りに参加するようにと言う。高学年になると「ひとりでいたい」と言う年頃になるが、小学校時代は必ず参加させられていた。今思うと、アイデンティティ(自分はこのような人間であるという明確な存在意識の意)形成の「元型」につながったと考えます。

 

「親子ストレス」によると、「育児の強いストレス状況と、親の体罰傾向の拡大という問題は、1980年代に明らかになっていた。・・・お母さんの子どもへの関わり方についての調査、「子どもを叱る時に、打つ、つねる、縛るというような体罰を用いますか」、「子どものしていることをあれこれいけないと禁止していますか」「子どもを他の子どもと比較して気になりますか」「子どものしていることを黙って見ていられなくて、干渉してしまいますか」などの質問に対して、「良くある」、「まあまあ」などの答えてもらう。子どもへの体罰は、子どもが1歳半の段階で、すでに三分の二近くに達していることが判明し、調査担当の「精神科医の原田正文氏」は重要な知見が明らかになったと、報告している。」

 

体罰がその後の子どもの発達に悪い影響を与えているというこの意味は大きい。」なぜなら、「連鎖」するとされているからです。一歳児から三歳児を育てている母親に意識調査を行ったが、「育児不安や疲労感は、働いている母より、専業主婦のほうがやや強いこと、母親が育児中でも外で自己を表現する場をを持っている場合や夫とのコミュニケーションに満足感を持っている場合に、相対的に少ない・・・この傾向は90年代以降、現実化してきた。」

 

母のストレスは子どもへの育て方に投影されているのだろう。オレも専業主婦時代の子育ての経験がある。一子は幼稚園児二子は二歳になったばかりの頃?は、地域の「子ども劇場」の会員になり、催し物へ参加(指人形、お話、手遊び)、区でやる子ども向けのミュウジカル、「お母さんと一緒」の生番組などを、他の親子と一緒に観劇に行くなど。行動範囲は広かったと思い出す。下の子は体力がない子だったので、「おんぶ紐」の持参。おんぶしながらの活動であった。

 

オレはおてんばだったので、父によく叱られていたが、日常的な体罰はほとんどなかったと記憶している。「子ども時代の負荷」はあったが、自分自身の育てられ方による問題点の持越しはなかった。オレの親は「育てやすく、なんの問題もなっかた」といっているが、オレは半ば「良い子」を演じていたことを、親は気づかなかったのである。

 

何度でも声を大にして言おう。オレが一子出産直後、母の言葉「お母さんって呼ばれるって、幸せなんだよ!」。

 

つづきます。

【親子ストレス  汐見 稔幸】を通して思うこと

今月の上旬、姪の結婚式に参列した。一族とは名ばかりの関りしかないオレだったが、数十年ぶりの再会であった。奇麗な花嫁であった。義姉は早く結婚をして、子どもを産んでほしいとボヤいていたが、遂に実現したというわけです。

 

「親子ストレス」において以下のように書いている。「教育というのは、人類という種の持続のための、ほかの動物にはない丹念な営みの集積の事、・・・少子化というのは、この種を繋ぐということを、人類にとって必然的な行為と考えない人々が登場してきたことを、あるいは種を繋ぐということを社会が拒否し始めていることを現わしているのである。・・・人類史にとっても もっとも深刻な問題になる可能性がある。」

 

同性婚や一生独身、結婚していても子どもは産まないというカップルもいる。男性の増加、女性の選択が少子化の原因とも書いている。確かに「個人の意志」が尊重され、選択し・・という日本独自の課題がある。早朝保育、深夜保育、乳児保育などの実施をしなければならないように、政策的提起がされた。大げさに言ううなれば、生命は操作されるものなのかという 境界線にまで達しようとしているのか。しかも「無意識」のうちに。

 

これだけではない、保育現場においても、保育者不足、保育者間のトラブル、低賃金、届けられない残業、等々、問題は山積みである。更に、これだけに終わらず、親子のストレスは、深刻で、時には子の死、(自ら命を絶ってしまう、大人によって命を奪われてしまう)も後を絶たない。

 

更に、時間という異次元に対する観念そのものが「個人のもの」という発想になっているということです。特に日本は四季があり 節気が色鮮やかに展開され、「詫び さび もののあわれ」を古来よりこの国に宿しながら、命は継がれてきた。

 

以前担任をしていた4歳女児の言葉。「ルルちゃん!大きくなったら何になる?」「うーむ・・・あのね最初はお花屋さんかな!ケーキ屋さんで、お医者さんかな!」と。今オレは胸が熱くなっている。

 

    みつばちや白詰草の遠き友    オレは魔女

    水鏡うつしてかなし花菖蒲    オレは魔女

 

つづきます。

【親子ストレス   汐見 稔俊著】をとうして思う事

この本の副題は「少子社会の「育ちと育て」を考える」です。結論を以下のように述べている。戸籍(未婚の母の子 初めての子は、単に「男」「女」と表記される。結婚している子は「長男」「長女」です。)フランスは「一子」「二子」という。)女性の社会進出など、人間の考え方が「変わる」変えていかないと子どもを取り巻く問題自体が見えてこない。変わらない。依然として子どもは産みたいが産めない。胎児の段階で障害と持っていると言われたが、産んだという例、オレの友達でもあったので良く知っているが、大げさな言い方と誤解されそうだが、地獄のような家庭、 一族との関係が破綻して、離婚。その後も、泥沼から抜け出せない人生を送っている。

 

親しくしていた人の一子が自殺をした。口では大丈夫だと言っているが、内なる心はさまよっている。なぜなら「自分のせい」だという闇から解き放たれていないからです。この知人の育ってきた家庭にも心理的な要因が根強くあり、しかも見えないという気づきにくいことが 曾祖父母の時代よりあったと、オレは感じている。

 

「子ども、若者、そして育児中の世代に生じている困難な諸問題は解決しないことを訴えた。」人間観 人生観が変わらなければ前進しないだろうという警鐘を鳴らしているのです。

 

そして、もっとも危惧していたことが、遂に表面化した。6月21日昨日の事です。保育界の研修会 グループセッションに於いて、保育者間のトラブルに悩んでいるという若い主任からの発言、「中堅とのトラブルに於いて、自分は保育経験が少ない事もあって、言えない!」また、「保育者が、仲間の悪口を言っていた。それを保護者に聞かた。保護者の方は役所に電話をし、転園希望を申し立てた。」

 

なぜこのような事になったのか。オレの経験から言えることは、自分の考えや感情を「人のせい」にする典型的なタイプだということ、それだけではない、自分の「負」を子どもに向けるということです。こういうタイプの人は、特定の子に感情のはけ口にしていることに自覚がないということである。事実であり 現実です。どうしても食べれない給食を「怖い先生のいる保育室に連れて行って」食べさせる。感性が豊かでどちらかというと、「良い子」を演じ続けている子たちです。保護者も知っているとしたら「良い親」を演じなければという、ストレス(大雑把に表現してしまったが?)、まさに「親子ストレス」に悩んでいる方々です。

 

はっきりいってこのような保育士は、上司に適切なカウンセリングでも受ける必要があり、上司も園の実態を真剣に受け止め、どのようにしていくか苦悩する課題だと考えます。

 

オレも何度も経験をしました。オレはいじめられる方ですが。上司から直接、課題を申し付けられた時、オレの上司は次のように言い切った。「なにかあったら、園長のところに来なさいと 言いなさい。」よい意味での援助を得て、進めた。それでも先輩たちの「いじめ」は相変わらずであったことは言うまでもありません。支えになったのは自己肯定だったと考えています。

 

脳生理学の本を通して知ったことですが、前頭前野が発達すればするほど、争いの分野もまた発達すると。【「生の意欲」は言葉を変えると、「生の創造」といえよう。私たちのもろもろの人間行動は、「生の創造」の具現にほかならない。そして、私達は「生の創造」の努力のなかに、生きがいを感じ、生の歓びを覚え、生の価値を発見するのである。・・・平和への努力は、主体性の座、新皮質のレヴェルで論議しても報いられないだろう。・・もっと深く、人間すべてがもっている共通な営みの場、すなわち「脳幹」のレベルまで掘り下げなけるよりほかはあるまい。   「脳の話  時実利彦 著・・・1962年8月出版」】

 

勝手に尊敬している教授のおひとりです。

 

つづきます。

子ども達を取り巻く人たち

前回の公開で、そんなことはわかっているさ、そう行かないから悩んだり 

不安になるだろう。と 感じられた方が多いかも知れません。しかし現実としてそれが事実だからです。 

 

「親子ストレス   汐見 稔幸著・・・平凡社」参考   本の冒頭に次のような言葉があります。「なぜ、我が子を虐待する親が増えているのか?なぜ、子ども達は心を閉ざし、人を傷つけるのか?これら「親子ストレス」の問題を解く鍵は、日本社会に特有の”完璧さ”と効率性を求める歪みにある。教育・育児の現場からリアルな声を集めてきた著者が、育ち、育て合う関係の豊かさを提案する。」「”良い子” ”良い親” から解放されたとき、新たな家庭観、生命観がみえてくる。」

 

この本は2000年5月出版となっているが、データーとしての情報はないことと、社会情勢の変化や結婚観 家庭の在り方 保育概念 親世代の時代の影響 少子化など、素人のオレには 解説 分析 課題などの専門的視野に立つことはできないが、この本を読み返してみたり 保育現場に席を置く一人として、感じたことを記していきます。

そして、この本に書かれていることは、決して解決したことでもなく、日本の国の一人一人の課題と 生きざまでもあると強調したいのである。

 

「若者が家に閉じこもったり突発的な犯罪を起こしたり、母親がせっかく産んだ我が子を虐待してしまう。小学校で授業が成立しないところが出て来たり、学力低下が大学でも言われるようになる。最近、育児や教育の世界で起こっていることがどうもおかしい。・・・問題はばらばらに起こっているのだろうか。・・・整理してみたい」とかいている。

 

現在勤務している園や、研修会参加 就職してくる新人保育士、中堅保育士の方々と関わってみて 感じていることがある。それは「ぺんぺん草も残らず取り切ってしまう」という、言葉である。みんな真面目で よく働く(これは今いる近隣だけのことではなく、実は保育界にいえる、残念な現実でもある。 他の業界もしかりではあるが!)会議や研修などの「場」での発言が少ない ひとつの園に似たような人が集まりやすいなど。園の場合、似たような保護者の存在傾向がみられる。

 

どのように取り組んでいくか?まさにそれが問題である。

 

徒然草   第32段・・・妻戸を今少しおしあけて、月見るけしきなり。やがてかけこもらせましかば、くしおしからぬまし。あとまで見る人ありとはいかでかしらん。かようのこと、ただ朝夕の心づかいによるべし。    (客が帰る後ろ姿を、そっと見送る人は、すてきですね。)オレの茶の先生はこのような方であった。今頃は夏に向けて、お道具を手にとりて、ながめているのでしょうか!月も雨をみているのかなぁ。

 

つづきます。

子ども達を取り巻く人たち

二日ほどまえの事、日が長いとは言え 19時近くになると窓の外も暗くなってくる。2歳3か月男児「みかんだ!」と言いながら西の空を指さした。まさに「みかん」でした。 夕焼け空に気づいたのです。彼の内では西に沈みかけている、太陽のまばゆい光景に感動した。近くにいた子らも、一日の終わりが近づき、ママがお迎えに来るのを「待って」いるのです。東の空には月。ゆったり話をしたり、お風呂に入って・・。

 

昨日(6月19日の夕方)、3歳0か月男児との会話。「ばあちゃん お迎えに来る。」「ほんと!楽しみだね。」「うん。」「K君、ママすき」「うん。ママと パパと ばあちゃんと か先生と大好き!」「先生もK君大好き!(ほっぺとほっぺでちゅっ!)。その後も電車ごっこや、赤い救急車作りをしていたところへ、大好きなママのお迎え!あらっ?背中を向けて知らんぷり。「ばあちゃんに会いたい。」の一点張り。さあこうなると、気持ちを切り替えさせるのに、時間がかかる。すると今度は、「か先生と帰る」と言い出し始めた。・・・

 

このように「甘え」のやりとりがうまくいっている母と子、父と子祖父母と子はスキンシップを通して愛情ホルモン(オキシトシンが出るといわれている。)により、元気が出ると言われている。このホルモンは生涯の元となる力が育つという。

 

①挑戦力・・・好奇心が育ち、チャレンジ精神のある子に   ②行動力・・・やる気をキープし、前向きな気持ちを持てる子に   ③集中力・・・強い探求心が生まれ、じっくり取り組める子に   ④自立力・・・自分の事は自分ででき、一人で頑張れる子   ⑤忍耐力・・・最後まで諦めず、へこたれない子に   ⑥共感力・・・周りの事を思いやれる、優しい子に   ⑦自己肯定力・・・自信がもて、自分自身で人生を切り開いていける子に。

 

子どもにとって「甘える」ことは我儘ではなく、自分の人生を切り開いていくためのエネルギーです。「今」我が子が「甘えることで」一息ついて、保育園でのことを「。」にするぞというサインを、しっかり受け止める。オレの二女は体が小さく、虚弱だった為、本人も大変だったろう。保育園の門を出たころ「お母さん!おんぶ」と言い、背中にピタ!。途中公園があるので、そこでゆっくり心をほぐして帰宅する。

 

夕食の仕度中には、大好きなお絵かきや、はさみを使ったり、ジグソーパズルなどをしていると、小学生の姉が帰宅。

 

この7つの育ちは一気に育つというわけではありませんね。生まれて、一歩、歩きだすあの 感動のように、いろいろな体験 流れがあるということは、言うまでもありません。もし途中で「強いなにか」があると子どもの奥の隅っこに残ることもあります。

 

「親」。木の上に立ち子をよくよく見ること。オレ達親も、子どもと「共に」人生を切り開いていきますか。「ぎゅー!」「こちょこちょマッサージ!」。  できればゆうっくり! 2・3秒遊んで親も、大福のようなもちっ もちっ 新生児の時のような、触ったら壊れてしまいそうな不思議ちゃんに、今こそ触りまくって、餡入りだんごにしてしまえ!!将来はOK!

 

つづきます。